偶然できた伝説サウンドを賢く記録。ギブソン、自動録音機能つきケーブルを発売

140509gibson_01.jpg

無意識のうちにさらっと弾いたギターリフ。「あ、今の最高じゃん!」と思ったのに、二度と再現できないまま地球の大気へと失われてしまうことってありますよね。あるある。ギタリストあるある。

そんな悲しみからギタリストたちを解放しようということで、ギブソンは音響ブランドのタスカムと一緒に次世代オーディオケーブルを作りました。このケーブルは楽器で演奏した音を全て録音してくれる優れもの。単三電池1本で8時間連続使用が可能です。

140509gibson_02.jpg

5月15日に発売される「The Gibson Memory Cable」は、1/4インチ径ケーブルの途中にリモコン風の小さな機器を装備。この部分がタスカム製のデジタルレコーダとなっており、CD品質(44.1kHz/16-bit)の音源をタイムスタンプつきのWAVファイルとして保存してくれます。付属の4GBメモリで録音できる音源は13時間分。といっても、電池のほうが先に尽きてしまうので「途中でメモリ不足になる」という心配はなさそうです。

録音モードは、電源が入っている間のすべての音源を録音してくれるモード、そして音が出ているときだけ録音してくれるモードの二種類を備えています。後者であれば、メモリ容量をフル活用できますね。

電池が切れ、あるいは電源がオフになっているときは通常のケーブルと同じように使えるのもThe Gibson Memory Cable。値段も100ドル(約1万円)と手頃なので、きちんとしたレコーディング機材を使わうほどでもない時や、まだ持っていないアマチュアアーティストにとって手軽に使える録音機材となりそうです。

source: Gibson via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rumi)