42秒でわかる「ピタゴラスの定理」の証明

こういうことですかー。

直角三角形の斜辺の長さを c、他の2辺の長さを a, b とすると、a^2 + b^2 = c^2が成り立つ。というピタゴラスの定理。これには数百通りの異なる証明があるようですが、こちらはユークリッドによる、

直角三角形の直角をはさむ二辺の上の正方形の面積の和は、斜辺の上の正方形の面積に等しい

という証明を動的に、過程を端折って、シンプルに表したものです。もっと詳しく! という方は、

こちらをどうぞ。なるほどわかりやすい。

source:YouTube2

(小暮ひさのり)