蜂がいなくなっても大丈夫、蜂ロボットがいますから…

私たちは、もう自然には生きられなくなっているのでしょうか。

蜂、それは人類を含む多くの生き物が生きていくのになくてはならない存在です。蜂蜜は美味しいですが、蜂の存在は蜜だけではありませんからね。しかし、世界中で蜂の数が現象しているという恐ろしい事実があります。そこでこの動画、蜂ロボットの台頭です。かなり驚きますが、これはインフォマーシャルといって、情報をPRするためのもの。つまり、蜂の減少を世に知らせるために作られたSF動画なのです。

ホッ、フィクションか良かったよかった。と手放しで喜んでいる場合ではありません。蜂の数が減っているのは事実です。このまま何もしなければ蜂ロボットはそう遠くない未来、現実のものとなってしまうのかもしれません。

現に、ハーバード大学では、蜂ロボットRobobeesの開発が進められており、「蜂の働きを助け、人工的に受粉する」ことをゴールに、すでにその開発はアルファ版まできています。

蜂がいなくなっても大丈夫、蜂ロボットがいますから… 1

ナノロボティクスの発展が著しい今、数十年以内には、Robobeesのような超小型ロボットが実用化されているのかもしれませんね。なんだか怖いわ。

Jesus Diaz - Gizmodo US[原文

(そうこ)