腕にレシピが書かれたタトゥシールを貼って料理をスムーズに

140514_tatoo.jpg

ありそうでなかった組み合わせ。

フライパンに油をひいて、お肉を焼き目が付くまで焼いて、出来上がったらお皿に上げて。次はキャベツと玉ねぎを…とかやっている内に、レシピ本とかレシピのアプリを立ち上げてるスマホとかに水や油がかかったり、手が汚れてて次のどうしたらいいかあたふたしたりした経験ありませんか?

料理はセンスだってよく言われますが、最初は誰だってプロのレシピを見ながら、だんだんコツを掴んで行くんです。ミミズだってオケラだってみんなみんなそうなんです。

そこでそんな悩みを解消するため、イタリアのデザイナーであるMarina CinciripiniさんとSarah Richiusoさんによりとっても実用的なタトゥシール「I Tradizionali」が作られました。

使い方は作りたい料理のタトゥシールを選び、腕の内側にペタッと貼付けるだけ。子供の頃によく遊んだ水で貼るだけですぐ取れるので安心です。

レシピ本やスマホを見ること無く料理に集中でき、しかも周りから見ても分からないので彼女や彼氏の前でも料理できるアピールが捗ります。

140514_tatoo2.jpg
デザインも手描き風で可愛い

140514_tatoo3.jpg

タトゥのセットはそれぞれテーマごとに別れていて、1つのパックには4種類のレシピが入っています。現在デーツボールとお婆ちゃんのアーティチョーク、ドライトマトとアンチョビのスパゲッティの3種類がラインアップされており、完成版にはもっと多くのレシピが入っているそうです。

イタリアのクラウドファンディングサービスであるeppelaで資金を募っており、1セットを約1,400円で注文できます。

本当に好きな料理ならタトゥーを彫ってしまうのもありかも…?

source: I Tradizionali via Co.Design

(徳永智大)