ニコン、顕微鏡用デジタルカメラにフルサイズセンサーを採用

ニコン、顕微鏡用デジタルカメラにフルサイズセンサーを採用 1

世界最強のマクロ撮影システムと言っていいかもしれません。

ニコンが顕微鏡用のデジタルカメラ「DS-Ri2」(カラー)/「DS-Qi2」(モノクロ)を発表しました。センサーサイズはフルサイズで、マウントはFマウント。有効画素数が1,625万画素、ということは、カラー版の「DS-Ri2」はD4Dfと同じセンサーかも。

モノクロ版の「DS-Qi2」は、ノイズの出にくい(S/N比が約5倍向上した)センサーを新たに開発したそうです。ペルチェ素子による冷却機構も装備。蛍光標本の細胞などもつぶさに観察できそう。

ニコン、顕微鏡用デジタルカメラにフルサイズセンサーを採用 2

USB3.0によるライブビューは、45fps(1636×1088ピクセル)までOK。デスクトップキャプチャと組み合わせて、マクロな世界を動画で捉える用途にもイケそうです。

「DS-Ri2」が138万0,100円、「DS-Qi2」が177万100円と、研究用・産業用ゆえにお値段もお高めですが…惚れる。

source: ニコン

(武者良太)