(噂)アップルの新しいホームオートメーションシステムは思ったよりシンプル?

20140530_apple_home.jpg

来週のWWDC 2014では、iOSデヴァイスで家電をコントロールするスマートホームシステムを発表するとがありました。でも、今回GigaOmが入手した匿名ソース情報によると、思ったよりシンプル? 期待が高いだけにもしかするとがっかりしてしまうかもしれません。

アップルの「Made for iPhone」プログラム同様に他社端末メーカーに開放、プログラムを組み込んだメーカー製の製品がiOSでコントロールできるようになるらしいのですが、

このスマートホームシステムは、端末と簡単にWi-Fi経由で接続、またはBluetoothに接続してボイスコントロールを提供します。

しかしながら、ソフトウェアベースのオートメーションレイヤーで制御されているわけではなく、オリジナルアプリにとってかわるようなものはありません。

どうやら我々が期待していたような、家の中のいろんなものに繋がるホームシステムではないようです。むしろ、いくつかのデヴァイスがWi-FI経由で繋がって、見せかけのホームオートメーションに見せてるだけかもしれません。

例えばiPhoneやiPadでA/Cを制御できるようなもの。もしくはBluetooth接続で音声コントロールができるかもしれないし、できないかもしれません。

「Made For iPhone」デヴァイスはアプリと一緒に動作するだろうとGigaOmは書いています。でも、アプリによって自宅と出先を繋ぐ…ということは可能なはず。電球、サーモスタット(自動的に温度を調節する装置)、ドアの鍵。そういったスマートホームシステムに組み込まれそうなメーカーが名乗りを上げるといいですね。

来週のWWDCを楽しみに待ちましょう。

source:GigaOm

Leslie Horn - Gizmodo US[原文
(mayumine)