ドコモがはじめる「VoLTE」って一体なんなの?

2014.05.14 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20140514docomowhatisvolte.jpg


スマホ通話の常識が変わるかも。

ドコモは次世代通話サーヴィス「VoLTE」を6月末から提供すると発表しました。VoLTEとはVoice over LTEの略で、これまでとは違いLTEネットワークを利用した通話サーヴィスとなり…って言われてもわかりにくいと思いますので、VoLTEによってスマートフォン通話の何が変わるのかを具体的に解説していきたいと思います。

ちなみに、VoLTEの読み方は「ボルテ」。なんかお菓子みたいでかわいいですね。


VoLTEのしくみ


さっきも少し触れましたが、VoLTEはLTEネットワークを利用した通話サーヴィスです。最近のスマートフォンはほとんどの機種が高速通信が可能なLTEネットワークに対応しているのですが、通話を利用する際には低速な3Gネットワークに切り替えていました。この切替のことをCSフォールバックと呼びます。

でも、3Gって古くから使われてきた通信方式だからネットワークの利用効率が悪いし、できることならLTEネットワーク上で通話も通信もできる方がずっと都合がいいんです。そこで、LTEネットワーク上で通話が可能になる技術「VoLTE」の登場! ということになります。


今までと何が違うの?


140515nvolte1.jpg


まず、VoLTEの大きなメリットとして「通話品質の向上」が期待できます。例えば、ドコモが現在提供している3Gによる通話では300hz〜3.4kHzの音声周波数にしか対応していませんが、これがVoLTEに変わることにより50Hz〜7kHzの音声を拾うことができるんです。これで、大事な人との意思疎通もずっとスムースできそうですね。

その他のメリットとしては「素早い発着信」もあります。これまでの携帯電話では相手にかけると通話が可能になるまで約6秒〜8秒ぐらい待っていたのですが、VoLTEの導入により待ち時間が約3秒にまで短縮されるそうです。半分以下って、かなり大きな違いですね!

一方、データ通信を利用したIP通話サーヴィスにはみなさんもお馴染みの「LINE通話」「Skype」などがありますが、VoLTEは遅延が少ない・帯域保証があるのも大きなメリット。LINE通話などでは通信環境が悪くなると、急に相手の声が聞き取りづらくなったり通話が切れてしまった経験がある方も多いと思いますが、VoLTEではそのようなトラブルは大幅に減少することが期待できるんです。


メリットが多い


VoLTEには上の高品質な通話や低遅延、品質保証のほかにも、様々なメリットがあります。

まず、VoLTEは標準の電話アプリで利用できることができます。他のIP通話サービスのようにアプリをダウンロードしたり、アカウントのセットアップしたりする必要はありません。通話ボタンをポチっと押すだけでVoLTE通話が開始できます。

また、緊急通報、いわゆる警察の110番や緊急・消防の119番に接続できることも大きなメリット。VoLTEで使う番号はメインで使う電話番号ですから、緊急通報はマストな条件といってもいいでしょう。

さらに、音声通話中にもエリアメールの受信が可能になるそうです。


気になるデメリット


デメリットはズバリ、「VoLTEに対応したスマートフォンが必要」なことでしょう。従来のスマートフォンではどう頑張ってもVoLTEを利用することはできません。残念…。なお、本日発表されたドコモの夏モデルスマートフォンは一部モデルを除き、ソフトウェアアップデートにより6月〜9月にVoLTEに対応します。

また、VoLTEによる高品質な通話が利用できる条件は発信側・着信側の両方がVoLTE対応スマートフォンであることが必要です。カップルで一緒に新機種を購入すればすぐにVoLTEによる通話が楽しめますが、そうでない場合、なかなかVoLTEによる通話が体験できない…という場合もあります。ただし、後で述べる高速マルチアクセスや素早い発着信はVoLTE対応スマートフォンを持っているだけで体験することができます。

そして、当然のことながらLTEエリア内でないとVoLTEは利用できません。最近は携帯キャリア各社ともLTEネットワークの普及に全力で取り組んでいるので、都市部などではLTEが使えないことは少なくなっていますが、それでも地域によってはせっかくVoLTE対応スマートフォンを買ったのにVoLTEが利用できない! ということもなきにしもあらずです。お住いの地域のLTEのエリア情報は要チェックですね。

あと、VoLTEに対応したスマートフォンは利用時に消費電力が激しいことも指摘されています。スマートフォンでバリバリ通話したい!という方は、バッテリー容量についても気に留めておくとよさそうです。


実際にはどんなことができる?


今後VoLTEサービスによって実現される機能はキャリアによって異なることが予想されますが、ドコモでは「ビデオコール」「高速マルチアクセス」を推しています。


140515nvolte2.jpg


ヴィデオコールといえば、FOMAの提供開始時に「テレビ電話」という同等のサービスが開始されたことが思い出されますが、ヴィデオコールではより高解像度でノイズが少なく、音声もキレイになっています。

高速マルチアクセスとはVoLTEで通話中にもLTEを利用した高速通信が可能なサーヴィスです。これまでは通話中には3Gの仕様により最大384kbpsでの通信しか利用できませんでしたが、高速マルチアクセスなら最大150Mbpsの超高速通信が同時に利用できます。

このように、これまでの音声通話の常識を覆す次世代音声サーヴィスのVoLTE。今後夏モデルの新機種の発売とともに、どんどん利用される機会も増えていきそうです。さらに、今後はKDDIやソフトバンクからもVoLTEによる通話サーヴィスが開始されるでしょう。

ドコモはすでに固定電話や他キャリアへの通話し放題サーヴィス「カケホーダイ」を発表しましたが、今後はKDDIやソフトバンクからもVoLTEの導入に合わせて通話し放題サービスの発表が期待されています(ソフトバンクは新プランの改善を検討中)。次世代の高品質な通話サーヴィスで私達の生活にどんな変化が生まれるのか、楽しみです。


source: ドコモ VoLTE

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア