先着100万人で「OS X Yosemite」のベータプログラムに参加できる

制限も多いけどね。

本日発表された「OS X Yosemite」、デベロッパーたちはすでにベータ版を入手して使えるようで羨ましい限り。でも、一般ユーザーも先着100万人でこのベータプログラムに参加できるようです。

参加するには、こちらのページからApple IDでサインイン。ベータ版配布の準備ができ次第、Mac App StoreからYosemiteベータ版をダウンロードできるコードが送られてくるようですよ。なお、YosemiteのインストールにはMavericksが必要になります。ベータ版なのでエラーやバグも多いかと思うのでその点にもご注意くださいね。タイムマシンでのバックアップが推奨されています。

また、ベータプログラムには守秘義務やら、やっちゃいけないことが多々あるので、表示される規約(英語)にちゃんと目を通しておかないとダメですよ。そう考えると一般向けと言えど、参加のハードルはかなり高いのかもしれません。

その他注意点としては以下の機能が利用できません。

・電話/SMS

・Handoff

・Instant Hotspot

・iCloud Drive

・Spotlight(検索のサジェストは米国向けに限定)

加えて、一部のアプリへの互換性も保証されていないのでリスクもあります。しかし、これは新しいインターフェースを体感できる貴重なチャンスです。人柱の覚悟はいいか? 俺はできてる。

source: OS X Beta Program

(小暮ひさのり)