ロンドンに10万個のレゴで作られたバス停が出現

2014.06.26 23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140622_LondonBusStop01.jpg


バス停まるっと全部レゴ!

ロンドン中心部のリージェント・ストリートにレゴだけで作られたバス停ができました。路線の標識や、バス停のガラス、赤いベンチ…すべてレゴ製で、なおかつTransport for London 規定のバス停のデザインを忠実に再現しています。バス停のロケーションが名門玩具店 Hamley’s の目の前というのもニヤリとさせられますね。

レゴのバス停はロンドンバス200周年を記念して造られました。今年は他にも有名な2階建てバス「ルートマスター」60周年やRTタイプバスの75周年などが重なり、イギリスでは「バスの年」として、記念グッズを発売したり、催しものをしたり、こんな遊び心のあるバス停を作ったりしているそうですよ。

バス停を手がけたのは家具を作っている Trueformという会社。10万個のレゴブリックを使い14日間かけて作ったのだそう。家具屋さんだけあって細部まで完璧な仕上がりです。バス停のガラスまで透明なレゴで作っているのは感動ですね。


140622_LondonBusStop02.jpg


レゴの標識もとってもかわいい! ロンドンのバス停には電光掲示板があり、次のバスがいつ到着するか表示されるのですが、レゴのバス停では「次のバスはあと1ブリックのところにいます」と1ブロックと1ブリックをもじって表示されているのも、マニアの心をくすぐります。


140622_LondonBusStop03.jpg


140622_LondonBusStop04.jpg


140622_LondonBusStop05.jpg


140622_LondonBusStop06.jpg


140622_LondonBusStop07.jpg


このバス停が展示されるのは7月15日までだそう。


source: Transportation of London

Alissa Walker - Leg Godt[原文
(mana yamaguchi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • レゴ スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン
  • Cool Stuff
  • レゴはなぜ世界で愛され続けているのか 最高のブランドを支えるイノベーション7つの真理
  • デビッド・C・ロバートソン,ビル・ブリーン|日本経済新聞出版社
・関連メディア