14歳の少年、ごく簡単にATMのハッキングに成功

14歳の少年、ごく簡単にATMのハッキングに成功 1

世界のATMはどうなってしまっとるんや!

カナダはウィニペグに住む14歳の少年たちが、ATMのハッキングに成功しました。ものすごく簡単で基本的なやり方で、です。

彼らはMatthew HewlettくんとCaleb Turonくん。ネット上でモントリオール銀行のATMの説明書を見ただけでそれをハッキングしたとんでもない2人。いや、とんでもないのはATMの現状のほうでしょう。彼らが行ったのは、近所のスーパーに設置してあるATMを「通常モード」から「管理者モード」に変更するハッキング。その操作に必要だったのは、説明書に記載してあったデフォルトのパスワードを入力するだけでした。

銀行にとって幸運だったのは、この少年たちの目的はお金を奪うことではなかった点。なので彼らはすぐに近所にあるモントリオール銀行の支店に状況を連絡しました。2人が唯一やったイタズラと言えば、ATMに表示されている「Welcome to the BMO ATM(いらっしゃいませ)」の文字を「Go away. This ATM has been hacked(あっち行け。このATMはハッキングされているぞ)」に変えた程度。これはイタズラというよりも、むしろ親切な忠告レヴェルですよね。

ちなみに銀行からはセキュリティに関する詳細はまだ発表されていないそうです。しかしこのニュースから、現在の銀行のATMがいかに危うい状況にあるかが実によくわかります。相次ぐATMハッキング、どうしたもんでしょうか。

Image by Catatronic under Creative Commons license

source: Edmonton Journal

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

(そうこ)