女性のためのウェアラブル端末、18Kリング「Ringly」

140612ringly.jpg

アクセサリ感覚だからこそウェアラブルが生きる。

テクノロジーを女性が毎日身につけるアクセサリに組み込む、というコンセプトのもと開発された指輪「Ringly」。加速時計、Bluetooth、モーター、LEDなどが仕込まれており、スマートフォンと連携して、メールや電話の着信を光や振動で知らせてくれます。iOSとAndroidで専用アプリがあり、光や振動のパターンを設定できます。

Ringly共同創設者のXhristina Mercandoさんはネタ元Business Insiderのインタビューにて、「携帯を鞄の中にいれていると、着信やメールに気づかないことが多くてイライラしてしまう」と、アイディアの元になった自身の経験を語っています。

Ringlyは、4種類の宝石の中から好きなものを選ぶことができます。メノウ、エメラルド、ピンクサファイア、レインボームーンストーンで、土台はどれもゴールド(18K)。ぱっと見はこれがウェアラブル端末だとは誰も思いませんが、それこそがRinglyの狙いなのです。シンプルでクラシック、女性なら誰でも身につけそうなもの、テクノロジーがそこにあるとは気づかないような小さなものというのがRinglyの最大のゴールであり魅力です。

現在、145ドル(1万4,800円)で予約受付中、秋の出荷が予定されています。発売日後は195ドル(約2万円)を予定。

source: Business Insider

(そうこ)