ペットボトルを立体素材に。3Dプリンタ「EKOCYCLE Cube」

140625-ekocycle_launch_pic_0.jpg

ウチから出た廃ペットボトルを使える...というワケではありませんが。

コカ・コーラとラッパーのウィル・アイ・アムがタッグを組み、EKOCYCLEというブランドを立ち上げました。エコサイクル。なんとも期待できそうな名前ですよね。

その記念となる初号機は、廃ペットボトルベースにしたフィラメントが使える3Dプリンタ「EKOCYCLE Cube」。開発・製造は3D Systemsが担当します。

フィラメントのカラーは赤、黒、白など。耐久性と柔軟性、両方の性質を持っていて、ちょっとしたアクセサリーを作るのに最適だとか。最小積層ピッチは70μmで、細かな造形も可能です。

iOS、Android用のCubifyアプリからWi-Fiで3Dデータを送信できるとのこと。3Dプリンタをより身近なものにしようという姿勢も伺えますね、

お値段は1,199ドルです。

source: Cubify

(武者良太)