科学者「3mの人喰いザメが何者かに丸食いされました」

科学者「3mの人喰いザメが何者かに丸食いされました」 1

さては海坊主?

オーストラリアの科学班が同国初の大規模な追跡調査の一環で、全長3mの健康なホホジロザメ(映画「ジョーズ」でお馴染み)にタグをつけて海に放しました。

すると4ヶ月後、なぜか追跡装置だけがプカプカと波打ち際に打ち上げられてしまったのです。何か、何かとてつもなく大きな生き物が、ジョーズを食ってしまったんですよ、オーマイガッデムなんまいだー!!

あんな大口イガイガのホホジロザメ、一体誰が?

(以下、加筆修正はじまり)打ち上げられたブラックボックスを調べてみたところ、失踪したホオジロザメは温度が急上昇し、いきなり580m急潜水していたことがわかりました。そこに数日とどまって辺りを動きまわり、何度も上昇はしたんですが、また沈むということを繰り返し、最終的には海岸に漂着した、ということです。(加筆修正おわり)

あの獰猛な捕食者の王者を丸食いできるのは、まあ…サメ以外に考えられないんですけどね。もっと大きなサメ。

この米スミソニアンが放映した豪放送局製作のドキュメンタリーではこの後に、大きなサメが近寄ってくると小さなサメが蜘蛛の子散らすようにその水域から逃げる様を写しています。襲う理由はいろいろ考えられます。「縄張り争いかもしれないし、単に腹が減ってたのかもしれない」と専門家。ふむふむ。

まあ、ゴジラかクラーケンかメガロドンかもしれないですけどね。

*UPDATE(6月12日1:33AM更新): 正体判明の続報はこちら。一部加筆しました。

James Baker - Gizmodo SPLOID[原文

(satomi)