40'sポルシェなルックスの最新電気自動車「Carice MK1」

40

フォルクスワーゲン・ビートル(タイプ1)から連なるデザインが、ここに蘇ります。

オランダの新興自動車メーカー・カリスモーターズが、エレガントで超ライトウェイトなEV車「Carice MK1」をリリースします。車重はたったの約350kg! パワーもたったの20hp!

ということはコンプレッサーとか農機用のモーターが使われているのでしょうか。上級モデルでは54hpのモーターも選べる様子。6.5Kg/hpならロードスターやエリーゼ、FC3S RX-7に近いもの。前後重量比が50:50だそうですし、立派なスポーツカーじゃないですか。

40

コックピットも古めかしいもの。外連味の少ない、本物感のあるインテリアです。小型、低パワーのモーターとはいえシンプルにまとめれば、ハーレーダビッドソン・エレクトラグライドやGL1800のような、超重級のバイクよりは軽く仕立てることができるんですね。

40

なおルーフはありません。代わりにトノカバーが用意されます。一人乗り用のトノカバーであれば、さらにミッドセンチュリー感が増しそう。

日本の車検が取得できるかどうかは、正直難しいかも。でもコイツで各地の高原のスカイラインを廻ったら気持ちいいでしょうね。

source: LEFT LANE

(武者良太)