ソフトバンクの新通話定額プランや新データプランをさくっと説明します

ソフトバンクの新通話定額プランや新データプランをさくっと説明します 1

前より良さそう。

ソフトバンクは7日、国内通話が24時間話し放題になる「スマ放題」サーヴィスを7月1日から開始すると発表しました。さらに、新方式の定額データプラン「データ定額パック」や未使用データ量を翌月に繰り越せる「データくりこし」、家族とデータ量を分けあえる「家族データシェア」など、多くの新データプランも同時に発表されています。

スマ放題の予約開始は6月11日(サーヴィススタートは7月1日)から。家族データシェアの提供開始は8月1日からです。

スマ放題

ソフトバンクの新通話定額プランや新データプランをさくっと説明します 2

スマ放題は月額料金だけで誰とでも・何回でも・何時間でも通話できるサーヴィスです。ドコモが発表した新音声プラン「カケホーダイ」とほぼ同じ料金体系でかなり挑戦的な印象。なお、スマ放題の契約には2年契約が必要です。

データ定額パック

ソフトバンクの新通話定額プランや新データプランをさくっと説明します 3

こちらは自分の使用するデータ量にあわせて細かくプランが選択できる「データ定額パック」。たぶん、多くの人は5,000円で5GBが利用できるデータ定額パック5で十分そうです。また、使い方によっては3,500円で2GBまで使えるデータ定額パック2で足りる人もいると思います。携帯料金を下げるポイントになりそうな予感。

ちなみにデータ量がプランの設定量を超過した場合、送受信最大速度が128kbpsに低下しますが、1GBごとに1,000円支払うことで通常速度で利用できます。

データくりこし

ソフトバンクの新通話定額プランや新データプランをさくっと説明します 4

月内で使い切れなかったデータ量を翌月に繰り越せる「データくりこし」。100MB単位から計算してくれるので無駄がありません。また1,000円/1GBで追加購入したデータ量も繰り越しの対象になるので安心です。

注意点は、データ定額パック2がデータ繰り越しの対象となっていなことと、下で述べる「家族データシェア」との併用ができないことでしょうか。

家族データシェア

ソフトバンクの新通話定額プランや新データプランをさくっと説明します 5

今回の新データプランで注目なのが、家族でデータ量をシェアできる「家族データシェア」。子回線ごとに500円を支払うことで、例えばお父さんが10GBまで利用できるデータ定額パック10を契約するだけで家族で10GBを分けあえるんです。内容的にはドコモが発表した「シェアプラン」と同等ですね。こちらも場合によっては、家族が個人個人でデータプランを契約するよりも通信料カットが期待できそうです。

ただし、データ定額パック2やデータ定額パック5では利用できず、また「データくりこし」とも併用はできないのでご注意を。

source: ソフトバンク

(塚本直樹)