真っ暗闇でも美麗な映像が撮影できるソニーα7Sの実力例

テレビの最新機能としての「4K」が、「3D」にこっそりとって代わって流行語になりそうな気がする今日このごろ。コンテンツプロデューサーは画質のクオリティをますます追求していかなければなりません。そんな中、ソニーの新しいα7Sはひとつの武器になりそうです。

既に発売済みのα7Rは、36.4メガピクセルという超高解像度のクオリティ。一方そのトレードオフという感じで新しく発売されるα7Sは12.2メガピクセルのセンサーの代わりに、ISO最大値はなんと40万9,600。ちなみにα7とα7RのISOの最大値は2万5,600です。

この映像はユーチューバーの江夏由洋さんが夜の帳の中で撮影したもの。ISO値は8,000~4万で設定して撮ったそうですが、目立ったノイズは出てませんね。素晴しすぎます。

 

ソニーのα7Sがあれば、フクロウの目を手に入れたも同然ですね。

source: YouTube via Stu Maschwitz

Andrew Liszewski - Gizmodo REFRAME[原文

(mayumine)