先端直径わずか3.18mmのスタイラスペンが「創造力を解き放つ」

もはや身体の一部っぽい。

Adonitが手がける「Jotシリーズ」に新作がきました。名前は「Jot Touch with Pixelpoint」。初のAdobe Creative Cloud対応のサードパーティ・スタイラスペンでもあります。

動画を見ると、iPadがスケッチブックみたいに感じますね。それはJot Touch with Pixelpointの先端がわずか3.18mmで小回りが利くため。そして2,048段階の筆圧感知精度を持っているので、筆の太さ、色の濃淡も自由自在なんです。描いていて気持ちよさそう。

140619JotTouch.jpg

Bluetooth 4.0でバッテリー消費に無駄がありません。USBドック型の充電ドックがついているので、PC等に繋げばすぐにバッテリーチャージできますよ。1回の充電で8時間連続使用可能っていうタフさも嬉しいかぎり。

パームリジェクション機能ものっているので、作業中に指で画面に触れてしまったも安心。ペンだけに反応するようにできるんです。ディスプレイに手をおいてスケッチした方が安定する気もしますし。

そんなJot Touch with Pixelpointはブラックホワイト2色展開で、AppBank Storeにて予約受付中。iPadでこんなにも簡単にイラストが描けるなんていい時代になりましたね。LINEスタンプ作りたくなってきた。

source: Jot Touch with Pixelpoint Black / White AppBank Store, Adonit

(ギズモード編集部)