ニコン史上最高画質のフルサイズ一眼、「D810」デビュー

2014.06.27 07:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140625-d810-1.jpg


キリッキリでカリッカリの画像が撮れるんだろうなあ。いいなあ…。

エントリー級のD3200ですら2,416万画素のセンサーが使われている今日この頃ですが、ニコンフルサイズ機の中堅モデル「D810」が発表されました。ローパスレス仕様のセンサーの解像度は総画素3,709万、有効画素3,635万。わずかではありますが旧モデルのD800/D800E超えを果たしました。

常用感度にも注目です。ISO64~12,800での撮影を可能にしています(ISO32、ISO51,200の拡張設定も可能)。レーザーのような太陽光が降り注いでいるシーンでも、レンズの絞りを開放にした撮影が楽しめますね。


140625-d810-2.jpg


この画素数でローパスレスということは、D800E同様わずかなブレも如実に表れてしまうため、使い手を選ぶデジカメのはず。と思っていたら、シャッターぶれも防ぐ電子先幕シャッターが搭載されているではないですか。

これならD800Eよりカンタンに髪の毛一本、まつげ一本までシャープな写真が撮りやすそう。

AFも改善静止した被写体への位相差AFの精度を高めてきました。また強烈な点光源が多いステージ撮影用に、白飛びを抑えた露出値にするハイライト重点測光などの機能も搭載。さまざまな現場環境に即した機能を盛り込んできていますね。


140625-d810-3.jpg


使用可能なメモリカードはSD/SDHC/SDXC(UHS-I)とCF(Type I、UDMA)で、この部分は従来機と一緒。また昨今のデジカメトレンドといえるWi-Fi機能は未搭載です。アップデートすべき項目を絞り込んだ、いぶし銀の仕様といっていいでしょう。

Amazonで現在の価格をみたところ、ビックカメラ扱いではありますが31万3,470円でした。7月中旬予定とのことです。


source: ニコン

(武者良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Nikon デジタル一眼レフカメラ D810
  • ニコン