ツイッターのGIFってGIFじゃないんだね。その理由

ツイッターがついにGIFアニメ対応!…と思ったら、あれってGIFじゃなくてVIFなんすね。VIF…つまりはヴィデオ×ジフ。

公式にGIF貼り付けるとMP4の動画ファイルに自動で変換されて、それが無限ループで再生されてるだけなんです。

なぜわざわざGIFをMP4に変換するのか?

謎だったんですが、「たぶんサイズとコントロールのためじゃないの?」というEmbedly共同創業者Sean Creeleyさんのブログの解説読んで、あっそうかって思ってしまいました。

screeleyさんの記事には、全く同じに見えるGIFとMP4が並んでるんですが、なんとファイルサイズは500kbと100kb。5倍も差があるんです。

GIFは基本的に画像を並べただけなのに対し、MP4はキーフレームやフレーム間予測といった圧縮技術がいろいろ使えるので、ファイル容量にこれぐらいの差がついてしまうのだとか。なので、MP4だと負担にならないぶん動作も軽くて、モバイルでは特に差が実感できます。

さらに、GIFは動きは基本的に止められませんけど、MP4は止められます。再生、一時停止も意のままにできるし、その気になればスローモーションだってできます。GIF対応が遅れたぶん、その辺はポイント高いねって書いてますよ。

image via BuzzFeed

source: Embedly

Pranav Dixit - Gizmodo US[原文

(satomi)