iOS 8になっても脱獄する?

iOS 8になっても脱獄する? 1

今度こそ脱獄は必要なし!?

脱獄が出来ることを理由にiPhoneを買う人は少なくありません。iOSアプリの牢獄から抜け打し、自分なりにカスタマイズできなければ、iPhoneは面白くないと語る人もいるくらいです。しかしiOS 8になってもそれは変わらないのでしょうか?

これまでアップルのiOSアップグレードには、脱獄すれば使える機能が幾度と含まれていました。コピペや、通知センタ、マルチタスキングなどが実現する前から、純正iOSでは満足しきれない人たちがこぞって使っていた人気のCydiaがありました。

自分だけのiPhoneに

今度のiOS 8は今までもよりいっそう脱獄色に染まっています。インタラクティブな通知センタや、iCloud Driveなど、地味な改良ながらも、あると便利な改良が盛りだくさんです。脱獄する理由が減ったとも言えますね。そしてiOS 8ではアンドロイド程ではありませんが、よりオープンになりました。これによりアプリ間でのコミュニケーションがより拡張され、通知センタのウィジェットからは視覚的に情報を得ることができます。

この新しいiOS 8のオープンさがどこか脱獄されたiOS 7.1に似ていることは否めません。例えばより正確な予測変換、通知からのクイックリプライインターフェース、タスク選択時に画面の上に表示されるチャットヘッドサークル、さらにはサードパーティ製のキーボードへの対応など。

ここまで来ると、わざわざ保証のなくなるリスクを冒してまで脱獄する価値がないように思えてきます。

iOS 7でクイックリプライを実現する脱獄アプリAukiの作者Thientam Bach(aka. Surenix)氏は語ります。「私は毎年『今度のiOS では新しい機能があるから、脱獄なんて必要ない』というような声を多く耳にする。でも人々はまだ新しいことを求めて脱獄するんだ。」

そこにはただ単に多機能なだけの物と、自分で思うようにフルカスタマイズできる物の大きな差があります。Cydiaが可能にしている事は、ただアップルがまだ実装してない機能を何でもかんでも詰め込むことではありません。それは私たちのiPhoneを特別で、ユニークな物にすることを可能にしているのです。例えiOS 10になって、もっとさまざまな機能がCydiaから純正OSに組み込まれても、やはり脱獄デヴェロッパーやデザイナーは自分が気に入らないところを見つけ、自分の思うように改良していくでしょう。

脱獄とiOSの進化

まだマルチタスカーが今のようなウィンドウ表示ではなくアイコン表示だった頃、Newar Choukeir(aka. Sentry)氏がAuxoと呼ばれる画期的なユーティリティを公開しました。下の画像のようにアイコンの下にそのアプリのウィンドウを表示することができます。アップルはiOS 7でこの機能を取り込みましたが、Choukeir氏はその後、ジェスチャとコントロールセンタのボタンを利用してこのユーティリティアプリを大幅に改良し、iOSのやり方よりもさらに使いやすい物を作りました。

iOS 8になっても脱獄する? 2

人気のある脱獄の機能を取り込み、iOSをよりオープンにしてきたアップルですが、それで終わりというわけではありません。アップルの与えたそのオープンさは、脱獄デヴェロッパーがiOSの限界を見つけるための糧となるのです。

キーボードを例に取ると、全世界のiOSユーザはこの秋サードパーティ製のキーボードがApp Storeに登場するを楽しみにしているはずです。でも、もしそのキーボードが思ったほど革新的ではなかったら?第一にデヴェロッパーとしても、お堅く正式なプロセスを経て、革新的なアイディアを作り出すことは簡単ではないかもしれません。アップルのオープンは言うほどオープンではないし、なにより最終的にキーボードをApp Storeに載せるか決められるのはアップルですから。

ジェスチャや二次キーを使ってシフトキーの役割を再現するAltKeyboard 2を作ったChoukeir氏はこう語ります。「iOS 8のキーボードの拡張性は、サードパーティがアクセスできる範囲と言う点ではかなり制限されている。既存の物を利用できそうなオートコレクションやオートキャピタライゼーションでさえも、この制限のせいで再び設計しなければならない。このような制限がある限り脱獄からAltKeyboardが消えることはないだろう。」

つまり、FleskkySwiftKeyがいくら成功しても、より進んだコンセプトは常にCydiaから生まれることになるかもしれません。

通知機能に関しても同様です。iOS 8への組み込みでは今までに比べて大きな改善が見られましたが、その活用には大きく制限がかけられています。例えば、iOS 8 betaでは受信したEメールに対するクイックリプライの動作が「既読にする」と「削除する」しかありません。

Bach氏は語ります。「私は90%アップルがクイックリプライ機能をiOS 8に組み込むと思っていた。でも、もしアップルが秋までにベータ版のままこれを改良しなかったときはAukiの出番だ。」

iOS 8になっても脱獄する? 3

アップルはiOSをよりいっそう使いやすく、魅力的に発展させましたが、Choukeir氏、Bach氏、その他大勢の脱獄デヴェロッパーがそれでも脱獄に取り付かれるのには理由があります。そこには自由があるからです。去年iOS 7が発表されたときおもちゃのようなアイコンに人々が批判をしている間、脱獄デヴェロッパーたちは、Zanillaや、Elite7(iPhoneのホームテーマ)の新しい構想を練っていました。

最後にChoukeir氏はこう締めくくりました。「脱獄というのは不可能と思われた扉を開けて、可能にする事だ。今までも、そしてこれからも」

image credit: MacMixing

Michael Simon - Gizmodo US[原文

(ゆたかつむら)