iOSにもやっとウィジェットがきたよ

iOSにもやっとウィジェットがきたよ 1

やっと通知センターがまともに使えるように。

WWDCで発表になったiOS 8では、情報、機能系ウィジェットも通知センターに直接とりこめます。

iOSでアップルが新たに打ち出したエクステンシビリティ(アプリ相互間のサービスのやりとりを可能にすること)という取り組みの一環ですが、ここで言うウィジェットとは、アプリを通知センターで使いやすいかたちに変えたもの。例えば、eBayアプリ持ってる人は、通知センターから直接ビッド(入札)できます。

通知センターはどの要素もそうですが、ウィジェットのレイアウトも自分で好きなようにカスタマイズできます。ウィジェットで表示したいアプリを選んで、並べ替えもOK。

iOSにもやっとウィジェットがきたよ 2

ギズが確かめた範囲内では、iOSの新ウィジェット機能はパスコード入力しなくても使えるようです。だとすれば選ぶアプリによっては問題かも。購入とか非公開のコミュニケーションまで全部表示されてしまうということなので。こんな大きな問題をアップルが見過ごすとも思えないし、そのうち認証レイヤーをもうひとつ加えてくれるといいですね。

もちろん新機能といっても、Androidには昔からある機能です。単に先頭集団に追いついただけ。でも、iOSの通知センターの中では大きな空白の機能だったので、ティム・クック一座がiOSエコシステム最大の弱点のひとつ(ウィジェットと拡張機能全般)を克服したのは何よりですね。

Ashley Feinberg - Gizmodo US[原文

(satomi)