今すぐiOS 8を試す方法

今すぐiOS 8を試す方法 1

本当に待ちきれない?

今回アップルのWWDCで発表されたiOS 8は写真機能やMacとの統合、より強力な通知機能など魅力的ですよね。そのiOS 8のベータ版をデベロッパーでなくてもいますぐに試せる方法があるらしいのです。

まず何をするにしても、インストールするデヴァイスをバックアップしましょう。ベータ版には不具合が付きものなので、いつデータが消えるかりません。なので、とりあえず今すぐバックアップしてください。あと重度のiOS中毒でない場合には絶対にオススメしません。すべて自己責任でお願いします。

それでも待ちきれないのであれば、以下の方法を参考にしてみてください。

iOS 8をダウンロード

■あなたが開発者(デヴェロッパー)の場合:まずアップルの「Dev Center」にログインしましょう。そして自分のiPhoneやiPadの後ろに書かれているモデル番号を確認して、それに対応するリンクをクリックしましょう。

■アップルの開発者ではない場合:もし年間参加費7,800円(税別)を払って開発者になるのが嫌な場合、もっと安くできる方法があるんです。この方法はかなり怪しくて全く信頼できるものではなく、もし何か起こってもあなたの責任です。でも本当に試したくて、絶対に何があっても開発者になるためのお金を払いたくないのであれば、以下からどうぞ。

Gotta Be Mobileによると、IMZDLというウェブサイトが一番有名で信頼できるらしく、ここから各デヴァイスに対応したOSをダウンロードできます。

インストール

ベータ版をダウンロードできたら、以下の手順でインストールを行います。

  1. iPhone・iPadをコンピュータに接続し、iTunesを起動します。
  2. デヴァイスの画面が開いたら、Macの場合は「alt・optionキー」Windowsの場合は「シフトキー」を押しながら、バックアップの欄の「iPhoneを復元…」をクリックします。
  3. ダウンロードした「.ipsw」ファイルを選択します。
  4. インストールが終ったら「バックアップを復元…」で自分のデータを復元しましょう。

あと最後にもうひとつ。何度も警告しましたが、あなたが開発者でない限り本当にやらない方が良いです。それでは楽しいiOS 8ライフを!

Ashley Feinberg - Gizmodo US [原文

(徳永智大)