報道:マイクロソフト、iOSやAndroidでも使えるスマートウォッチを投入か?

報道:マイクロソフト、iOSやAndroidでも使えるスマートウォッチを投入か? 1

多くの企業が参入しているスマートウォッチ市場に、いよいよマイクロソフトも参入するようです。Forbesによると、同社は競合他社のOSと互換性のあるデヴァイスを開発中なんだとか。

同誌は「マイクロソフトの計画を知る複数の筋」の話として、同社が開発中のスマートウォッチは、iOS、Android、Windows Phoneの各プラットフォームとも対応すると報じています。デヴァイスは各種センサを備え、「心拍数を昼も夜も継続して測定」し、「2日間は持つ」バッテリが搭載されるとのこと。

記事ではさらに「マイクロソフト製のスマートウォッチの見た目はサムスンのGear Fitに似ていて、板ガム半分ほどの大きさのフルカラータッチスクリーンを搭載し、スクリーンは装着者の手首の内側につく」と説明しています。スクリーンの配置に違和感を覚えますが、情報筋によると通知を見やすくするためにこの配置にしているそうです。

どうやら「マイクロソフトのKinect部門のエンジニアにデザイナー、データサイエンティスト」たちのチームが、同デヴァイスのソフトウェア開発に取り組んでいるようです。そのソフトというのが「デヴァイスのセンサからデータを集める」らしいのですが、集めたデータで何をするのかは定かではありません。

現在のところマイクロソフトから詳細についてのコメントはありませんが、早ければ今夏に発売予定では? とも言われています。本当に発売されるのか、発売されるとしたら報道のスペックのとおりなのか…等々気になります。

source: Forbes

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(たもり)