iPadで簡単にデザインできる子供向け3Dプリンタ

iPadで簡単にデザインできる子供向け3Dプリンタ 1

クリエイティブな子供たちに。

数年前から至る所で3Dプリンタがもてはやされていて、個人でも比較的手に入りやすい価格になりましたよね。使ったことがなくても、家電量販店で実物や作られたものを一度は見たことがあるかと思います。でもかなり普及してきたといえ、モデリングの難しさがあったり、プリントしても全然上手くいかなかったりとまだまだ使いこなすのは難しそう。

そんな中、アメリカのスタートアップMission Street Manufacturingが、一部の限られたギークでお金持ちな大人たちだけではなく、よりクリエイティヴィティに溢れている子供たちや学校などの教育現場でも直感的に楽しめる3Dプリンタ「Printeer」を開発しました。

もし学校の教室に置く場合、一般的な3Dプリンタだと20万以上の値段で、操作するにも先生に十分な知識が無いと導入は難しいですよね。このPrinteerは難しいCADソフトが必要なく、すべてiPadのアプリでデザインから印刷を行えるようになっています。もちろんもう少し複雑なデザインをしたい場合、自分で製作したCADファイルを印刷することも可能ですよ。

また中のパーツは全て3Dプリンタでカラフルに作られたパーツが使っています。外から見ているだけでどうやって動いているかを観察することができるので、その仕組みを理解することにも繋がります。

iPadで簡単にデザインできる子供向け3Dプリンタ 2
部品もカラフルでかわいい。

iPadで簡単にデザインできる子供向け3Dプリンタ 3
使い方はiPadアプリに絵を描いて、印刷ボタンを押すだけ。

安全性も考えられており、接続はWi-Fiを使うので電源コード以外のワイヤがありません。プリント中も全てケースの中で行われるので子供が近づいても安心です。また使われる素材も、非中毒性の生分解プラスチックが使われていて、環境にも優しいんです。 

現在Kickstarterにてクラウドファンディングを行っており、初期生産分に間に合えば529ドル(約5万4,000円)で一台手に入ります。色は後で決めれるようになっていて、送料は別途必要ですよ。詳細なスペックはこちらを見てください。

プロ利用には向きませんが、簡単に使える3Dプリンタが安く手に入るのは嬉しいですよね。

source: Printeer via 3DPrint.com

(徳永智大)