「ラブコメ」の演出って実はとっても科学的

140619romanticcomedyscience5.jpg

悲しいかな、昔ながらのロマンティックは今や廃れたジャンルとなりつつあるようです。

80年代、90年代、2000年代初頭くらいまでは「ラブコメの女王」と呼ばれる女優も沢山いましたが、最近ではチャーミングさをウリにするような女優は少なくなってきており、どちらかというと、「演技派だけどラブコメだってイケる」というスタンスをとっている女優が増えて来ているような気がします。

もしかしたら女優の「ラブコメ離れ」があるのかもしれません。

コタク・ジャパンでは、廃れ始めていく「ラブコメ」を愛すべきジャンルとして紹介をしていました。今回はその中から、「ラブコメ」において重要な「しくじり効果」について見てみましょう。

しくじり効果

140619romanticcomedyscience1.jpg

ラブコメにおいて、「しくじり」は非常に重要です。恋愛モノのヒロインは、必ずと言っていいほど、階段を転げ落ちたり大事な会議の前に派手に転んだりします。そこまで派手でなくとも、コーヒーをぶちまけたり、悪意の無い嘘に騙されたりといった何らかのドジを踏みます。

この些細な失敗は、ラブコメにおいて計算と言えます。というのも、失敗や弱点、欠点こそがラブコメのストーリーを展開させていくからです。そして、観客に出演者を「可愛いな」「好きだな」と感じさせるポイントなのです。

例えば、ヒロインが元カレの目の前で派手に水たまりにダイヴしたとします。私たちは、そんなドジなヒロインに同情しつつ、人間らしさを感じて好きになるらしいのです。

これを、心理学者は「しくじり効果」と呼んでいます。例にあげたとおり、ちょっとした失敗やしくじり、おっちょこちょいな動作が、人の好感度をあげるというものです。比較的小さな失敗をする人や、ちょっとした欠点があるものを好きになります。それは、単なる同情ではありません。

欠点がある人が、模範や手本となるような能力の高い人、完璧な人であればあるほど、好感度は上がるのです。しかし、どんな時でも軽いミスをすれば好感度が上がると言うわけではなく、状況を見極めなくてはなりません。

元ネタではラブコメ科学としてたくさんの例が掲載されていたので、確認してみてください。

source: コタクジャパン

(ギズモード編集部)