LG「G Watch」ハンズオン:1回の充電で36時間OK

2014.06.26 10:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140626lggwatch.jpg


LGからもスマートウォッチ「G Watch」が発表になりました。
現地の米Gizmodo記者による、即行ハンズオンレヴューを見てみましょう。




何ヶ月も前に発表されてはいたが、ついに予約受付がはじまった。Google I/Oにて発表された、LGのAndroid Wear搭載スマートウォッチ「G Watch」。米国では今日から229ドル(約3万円)で受付開始だ。ハンズオンでまず思ったことは、実に従来の時計のような感覚で使えるスマートウォッチだ、ということ。

G Watchの縦長のディスプレイは、同時に発表されたサムスンのGear Liveと比べると若干厚ぼったい気がしないでもない。しかし、手首にフラットに馴染み、つけ心地はまずまず。厚ぼったさはその軽量さでカヴァーしていると言える。今までいろいろな腕時計を使ってきたが、それらと比べてもつけ心地は悪くない。普段から時計をつける人であれば、ストレスがなく使えるタイプである。街での普段通りの生活、例えばバスから降りて道を走るなんてシーンでも、気にならないスマートウォッチだ。


140626lggwatch01.jpg


IPSディスプレイは、サムスンGear LiveのAMOLEDディスプレイと比べ、その光や色で1歩劣る。が、セールスポイントはそのバッテリーの保ち。1回の充電で36時間OK。また、ディスプレイ省エネモードを使えば、4日間いけるというから、これは大きい。この点で、実に使える時計だと言える。

ハンズオンで触った端末は、デモモード用のものではなかったので、その動きのパフォーマンスは残念ながらまだ伝えられない。(注:後から追記の可能性あり)


140626lggwatch02.jpg


初めてのAndroid Wear搭載端末の1つとして、確固たるものがあると思う。OS面でのレヴューしだいだが、ハードとしての触り心地は悪くなかった。使える、と思わせるものがあったと思う。


140626lggwatch03.jpg

140626lggwatch04.jpg




なかなか褒めていますね。まぁ、OSに触れた後の感想しだいですけれど。

しかし、今まで時計をつけていた人からしたら、つけ心地、本来の時計としての役割、この2つは絶対譲れない条件ですよね。


Mario Aguilar - Gizmodo US[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア