NASAが氷の裏側を走るスペースローヴァーを開発

2014.06.27 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


斬新…!

NASAが今回テストを完了したのは、スペースローヴァーのプロトタイプ。ごくごく初期のプロトタイプだそうですが、将来的には木星の衛星エウロパなどの観測に使用することを想定しているようです。このスペースローヴァーのすごいところは、氷が張った水面下に浮き、まるで氷の裏側が地面であるかのように走るところ。その発想はなかった。

NASAによると、水面下かつ氷の裏側を、ケーブルなしで、サテライトリンク経由で操作して走らせる試みは今回が初めてだそう。実用化されるのはまだ先のようですが、いつか遠い宇宙に旅立って、私たちに未知の世界を見せてくれるのかな。



Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文
(mana yamaguchi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • The Insider (Second Edition): NASA’s Man at Baikonur
  • Thomas S. Fiske|Star Publish LLC
  • 宇宙を目指して海を渡る MITで得た学び、NASA転職を決めた理由
  • 小野 雅裕|東洋経済新報社
・関連メディア