新しい OS X Yosemiteをインストールするために必要なスペックリスト

2014.06.05 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20140604_yoshemi_mac.jpg


先日WWDCで堂々発表されたOS X Yosemiteはとってもクール、新しい機能も早く試してみたい!…とワクワクする前に、自分のMacにちゃんとYosemiteが入るか確認しましたか? よし、してみましょうか。

Ars Technikaが公開した新しいOSと互換性があるハードウェアは以下のとおりです。

  • iMac (Mid-2007以降)
  • MacBook (13インチ アルミ製 2008以降)・ (13インチ Early 2009以降)
  • MacBook Pro (13インチ Mid-2009以降)・ (15インチ Mid/Late 2007以降)・(17インチ Late 2007以降)
  • MacBook Air (Late 2008以降)
  • Mac Mini (Early 2009以降)
  • Mac Pro (Early 2008以降)
  • Xserve (Early 2009)

よっぽど古いマシンじゃなきゃだいたい動きそうですね。Yosemiteをインストールするには、2GBのRAM、8GBの空き容量、OS X 10.6.8より新しいOSがインストールされているマシンである必要があります。

ちなみにインストールに求められる基本性能は、OS X 10.8 Mountain Lionと OS X 10.9 Mavericksと同様なので、どちらかをすでに利用しているMacユーザーは、余裕でYosemiteにできそうですね。



source: Ars Technica

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文
(mayumine)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • MacBook Air 13インチ用ハードケース(ブラック) 往年のMacBookブラックモデルを彷彿とさせる専用カバー (黒・マット仕上げ)
  • CJジャパン
  • [RainBow] 日本語 キーボードカバー (JIS配列) 〈 for MacBook Air 11インチ用〉 《RainBow オリジナルカラー》 Mavericks カラー key-air11-MVC
  • MS factory
・関連メディア