ムーミン谷から「お連れ様」を貸す日本の飲食店、羨ましいと海外で話題

140523moomin-cafe_01.png

日本すさまじ。

一人で外食するときって微妙に気まずいときもありますよね。もちろん、スマホをダラダラ見ながらやり過ごすのも一つの手でしょう。でも空っぽの席と向き合いながら過ごす時間は、正直、寂しいときもあるんじゃないでしょうか?

そんな一人客にお連れ様を貸し出す日本のムーミンカフェに海外で話題になっています。ネタ元のGuardianの記事は本日時点で2万8,000シェアされ、かなり盛り上がっている様子。コメントもたくさん届いてます。

「これはお腹をすかせた角のないカバか」

「カバ?」

「有蹄類じゃなくてムーミンだろ」

「ヤバイ、日本大好きだ…」

「Awww! 深夜一人でデニーズ入った時用にぬいぐるみを常備したい」

「ま、ぼくはそんなにぼっち飯食べないけど…多分今すぐぬいぐるみを持ち運んだほうがよさそう

「ぼくはこの前ここに行ったけど、違うよ。ぼっちだけじゃなくてグループでの食事の際もムーミンを貸してくれますよ。でも、ぼくが妻と食事をしてる時レンタルしてくれたのはスニフだったんですけど…。スニフはムーミンじゃない!」

食べ物に集中したいなら、ぬいぐるみにガン見されているとかえって気まずい人もいるでしょう。でも、一人ごはんを楽しく過ごすために、心おきなく脳内会話できるこうしたカフェの存在意義は大きいかもしれません。

「寂しい空席」を「楽しい空間」に変えるアイデア。ついつい表情が固くなりがちな一人ごはんも、より大きな体験の一部にしてしまえばそれ自体がクールな体験になるんですよね。たぶん。

「(うまそうだな、おい)」

「(今日、いつもと様子が違うけど何かあった?)」

「(良いチョイスしたねー)」

ムーミンカフェに感化されて真似する人も現れているみたいですよ。

そして、もっと孤独感が増したようです。

top image by toeinoi / Instagram

source: Guardian

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(Rumi)