脳波で操縦できる飛行機が開発されています

脳波で操縦できる飛行機が開発されています 1

Googleのハンドルが無い車が注目を浴びていますが、もしかすると飛行機の操縦桿も無くなるかもしれません。ちょっと怖いですけど。

ミュンヘン工科大学とベルリン工科大学の研究者により、操縦桿を触らずに脳波だけで操作できる飛行機が開発されています。このプロジェクトは「Brainflight(脳飛行)」と呼ばれており、エンジニアの一人であるTim Frickeさんは「長期的な目的は、もっと多くの人に飛行機に乗ってもらえるようになることです」と言っています。

操縦者は脳から発せられる微弱な電気活動である脳波(EEG)を測定するために、電極が付いた白い帽子をかぶります。そこから取得したデータをベルリン工科大学の研究チームが製作したアルゴリズムに通すことで、考えるだけで直接飛行機の操縦桿を操作することができるんです。

飛行経験の異なる7人の被験者により、フライトシミュレーターを使った実験が行われたのですが、そのうちの1人は今まで一度も操縦した経験が無いにも関わらず、かなり正確な操作を行えたとしています。でもまだまだ実験段階で、実際に脳波だけで飛ばすのには時間がかかりそうですよ。

もしかしてドラえもんのタケコプターも脳波で動いてるのかも?

source: TUM via TechCrunch

(徳永智大)