日本が世界を導く。日本にしかできない「黒潮」を使った発電方法の未来

Mugendai

日本が世界を導く。日本にしかできない「黒潮」を使った発電方法の未来 1

そこに未来はあるのでしょうか。グリーン・イノヴェーションで日本が世界をリードする日は来るのでしょうか。

先日、日本近海を流れる「日本海流(黒潮)」を用いた、日本にしかできない発電方法「水中浮遊式海流発電」を紹介しました。クリーンな次世代エネルギー技術として注目を集めています。


今回はその「水中浮遊式海流発電」の特徴と将来性について紹介したいと思います。前回に続き、この研究開発の中心的存在、東京大学の高木健教授はこう語ります。

日本が世界を導く。日本にしかできない「黒潮」を使った発電方法の未来 2

潮流発電は海流発電と基本的には同じ原理ですが、潮の満ち引きのエネルギーを利用するものなので、流れの向きが変わることにきちんと対応する必要があります。発電装置を海底にしっかり固定するので、基礎工事にコストがかかります。潮流発電のポテンシャルが高いエリアは海の幅が狭く流れが速い所で、欧州では氷河で削られた狭い海峡などで実用化されています。ただ、日本では流れが速くて狭い所はたいてい豊富な漁場になっているのが難しいところです。

波力発電は波の上下動の力を利用するもので、波が高ければ効率的に発電できますが、コストが割高になるので、やはり電力供給が不便な離島などに向いていると思います。

こういった海洋技術が実際に日本を支えるようになるまで、インフラの整備など、まだまだ時間はかかりますが、日本にしかできない「黒潮」を利用した発電方法が世界を牽引するその日が来るのを待ちたいと思います。

この技術の未来について、下記のリンクで詳しく紹介されていますので、ぜひご覧になってみてください。

image by shutterstock

source: 無限大(mugendai)

(河原田長臣)