建設熱が止まらない中国、今度は山を動かす?

建設熱が止まらない中国、今度は山を動かす? 1

写真は重慶のスカイライン。ここも「ある計画」がなされる都市のひとつです。

新しい建物がたくさん建設されており、その勢いが留まるところを知らない中国。今度は新しい街を作るために山を動かす計画が進行中だそうですよ。

なんでも新たな街の建設のために谷を埋めることが必要で、そのために山のてっぺんを丸ごと削って持ってくるんだとか。けれども中国の建築はとにかく仕上げが粗いことで有名。今回の山を動かす計画も「不安定な土壌の上に街なんか建てたら雨で崩壊しちゃうよ?」と専門家の間で囁かれています。

実際に谷を埋め立てて作られた延安市では、水に濡れると簡単に崩れてしまう沈泥を使って埋め立てが行われたため、雨が降るたびに街が崩壊してしまう危険性があります。

ただ、こういった拙速な建設事業は中国の一部の層にとって莫大な利益をもたらすので、環境に与える影響を省みず、どんどん行われてしまっている現実があるようです。

ちなみにこの計画、恐ろしいことに、その詳細を知る人はほとんどいないないようです。

image by faunng / flickr

source: Nature

Sarah Zhang - Gizmodo US [原文]

(daiya)