瓶のデザインを少し変えるだけで蓋が格段に開けやすくなることが判明

瓶のデザインを少し変えるだけで蓋が格段に開けやすくなることが判明 1

瓶の蓋がどーーしても開かなくて、己の握力を呪ったことがある人に朗報です。

日本の研究チームは、蓋が開かない原因がボトルの丸い形にあり、これを平行四辺形の筒状にするだけでぐっと開けやすくなることを発見しました。

芝浦工業大学の橋田規子教授と柏洋硝子(はくようがらす)が共同開発した新ボトルは、しっかりと手に馴染むことで強力なグリップを生み出してくれます。だから蓋を開けるときにがっちりと力が入るんです。

20歳から80歳までの被験者を集めた実験では、年配の方でも全ての瓶の蓋を開けられた結果が得られています。柏洋硝子はこの新デザインを特許出願中。製品化にむけて既に動き出しているそうですよ。

さてこの平行四辺形、一番いい角度は何度でしょうか?

source: Tech-on!

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rumi)