家庭内暴力の加害者は男性ばかりじゃなかった

140613dv-01

恐るべし、家庭内暴力の実情。

人通りの多い場所で口論を始める、とあるカップル。最初は、くだらない痴話ゲンカかな、なんて周りの人がチラチラ見る程度だったのですが、途中からケンカはどんどんヒートアップ。とうとう男性が女性の顔に掴みかかるまでにエキサイティングしてしまいます。さすがに見かねたギャラリーたちが止めに入り、その場は一件落着。

しかしこちらの動画は、実はここからが本番なのです。

再び口論になる二人、デジャブを感じるような光景。が、今度は女性のターンが開始! 猛然と男性を攻め立て、とうとう顔に掴みかかります。

…あれ、おかしいな、そろそろ仲裁役になってくれる人が来てもいい頃なのに。

家庭内暴力の加害者は男性ばかりじゃなかった 1

一方的に責められる男性をクスクスと笑いながら見るばかりで、誰も彼を助けようとしません。そう、これが家庭内暴力の実情、この動画が伝えたかったことなんです。

男性にばかりスポットライトが当てられがちなテーマですが、イギリスでは実に40%が女性からの暴力なんだとか。男性がやられる時は見て見ぬふりをする周囲の実態を、如実に表しています。

もちろんカップルのケンカは役者によるもので、撮影のために熱演してくれたわけですが、知ってか知らずか、この周囲の反応の変わり様にはただただ驚かされるばかり。

暴力に限らず、公平に人を見ることの大事さを改めて感じる動画です。

source:YouTube

(今野愛菜)