サムスンのスマートバイクはこうなる?

環境にも健康にも良さそう。

アップルが自動車とiOSを結びつける「CarPlay」を発表したのは記憶にも新しいですね。一方、ライヴァルのサムスンは、よりエコと健康を推し進めてくれそうな「スマートバイク」のコンセプトを公開しました。

サムスンのスマートバイクはこうなる? 1

まず、これがスマートバイクの全体イメージ。一体どこがスマートなのでしょうか? いくつか見ていきたいと思います。

サムスンのスマートバイクはこうなる? 2

まず、ハンドル部分にはスマートフォンホルダーを搭載。磁石でスマホを固定する仕組みのようです。

サムスンのスマートバイクはこうなる? 3

こちらは自転車レーンを表示してくれるレーザーポインタ。これは未来感がすごそうですね。常時点灯させてみたくなるギミック。

サムスンのスマートバイクはこうなる? 4

周囲の明るさに応じて点灯するライトもあります。こういうライト、既に市販の自転車で付いているものもありますね。

サムスンのスマートバイクはこうなる? 5

さらにスマートフォンをバックモニターとして利用できる、バックカメラを搭載。混雑する道路で自転車を利用するときに、背後の状況の確認ができるこのカメラは安全性を大きく向上させてくれそうです。

サムスンのスマートバイクはこうなる? 6

最後にGPSによるトラッキング機能。ルートや走行距離を表示したり、その他にもアプリ次第で様々な機能が実現できそうです。

このコンセプトデザインが実際に発売されるかどうかは不明ですが、機能を見るとすぐに実現できそうなものばかり。スマートバイクって案外すぐ登場するのかもしれませんね。

source: SlashGear

(塚本直樹)