まるで地獄の入口、直径1.2kmの巨大な穴の正体とは

まるで地獄の入口、直径1.2kmの巨大な穴の正体とは 1

映画の世界みたい。

Photoshopされたような、映画の世界のようなこの街は、ロシア連邦のサハ共和国にあるミールヌイ。アジアのちょうど真ん中あたりに位置しています。

地獄への入口さながらの巨大穴は、深さ525m、直径1.2kmをほこります。

まるで地獄の入口、直径1.2kmの巨大な穴の正体とは 2

まるで地獄の入口、直径1.2kmの巨大な穴の正体とは 3

これ、実はダイヤモンドの採石場なのです。1955年にこの採石場ができてからミールヌイはダイヤモンド市場の中心地で、世界のダイヤモンドの25%はこの穴で採れるといいます。2009年に地上での採掘を終えてからは、この禍々しくもある巨大マシンが地下を掘り進みダイヤモンドを発掘しています。

まるで地獄の入口、直径1.2kmの巨大な穴の正体とは 4

キラキラと輝くダイヤモンドは、地獄の入り口から採れたのか。

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(そうこ)