ステルスのように周りの風景に溶け込む鏡張りの監視部屋

ステルスのように周りの風景に溶け込む鏡張りの監視部屋 1

見えない展望室だって…!

スコットランドにあるロック・ロモンド・アンド・ザ・トロサックス国立公園に、ちょっと変わった監視部屋が登場しました。この監視部屋、壁に張り巡らされた鏡が周りの風景を写し出していて、傍目からはまるでそこに何もないかの様に見えるんです!

実はこれは、Strathclyde Universityで建築を学ぶAngus RitchieとDaniel Tylerという2人の学生が卒業課題の一環として作成した作品。スコットランド政府の援助を得て約8,500ドル(約85万円)の建築費をかけて作られました。尚、建築の大多数は人の手を使って行われたとのこと!

ステンレス製の鏡で出来た壁の中には一人掛けの木製ベンチが設けられており、小さな窓からは湖などの景色を見ることができます。ユニークでちょっと未来的、かつ自然と上手く調和した素敵な作品ですよね。

ステルスのように周りの風景に溶け込む鏡張りの監視部屋 2

ステルスのように周りの風景に溶け込む鏡張りの監視部屋 3

ステルスのように周りの風景に溶け込む鏡張りの監視部屋 4

Photographs by Ross Campbell

source: Dezeen

Sarah Zhang - Gizmodo US[原文

(daiya)