軽量だけど頑丈、おしゃれなカーボンファイバーチェア

軽量だけど頑丈、おしゃれなカーボンファイバーチェア 1

子供でもひょいって持ち上げられちゃう軽さ。

タプタプに入ってると思って持ち上げた牛乳パックが実は空で、勢いあまって投げそうになっちゃう感覚、わかります? このカーボンファイバーチェアも、そんな感じ。5ポンド(約2.2kg)しかないってわかってても、やっぱりびっくりしちゃう。2リットルのペットボトルと同じ重さなのに、MacBook Proより全然頑丈。

先週サンフランシスコで行われたDsegnareのショールームで、デザイナーのMichael Youngによって発表された椅子。とても軽いのに、一つの脚だけで300ポンド(約136kg)の重さに耐えられるんです。

軽量だけど頑丈、おしゃれなカーボンファイバーチェア 2

椅子は空洞で、2枚のカーボンファイバーの板の間で風船を膨らまして成形されてるそう。加熱すると内部から空気がなくなって、空洞の椅子のフレームの出来上がりです。自転車のフレームと同じくらい気候の変化に強く、積み重ねも可能。思いつく限りの色でカスタマイズもできますよ。

デザイナーのYoungはカーボンファイバーについて10年以上も学び、試行錯誤してきたそう。もともとは自転車メーカーであるGiantのコンサルタントとして、ファッショナブル自転車をデザインした経験が、家具デザインでの斬新なアプローチに繋がったんだって。この椅子は、Coalesse社と開発から3年かかったそうです。

軽量だけど頑丈、おしゃれなカーボンファイバーチェア 3

見た目は可愛くても、お値段まで可愛いわけではなさそうです…1脚900ドルからって、すぐに買える価格じゃないよね。でも、他のカーボンファイバーチェアに比べれば、これって比べ物にならないくらい安いんだって。大量生産化されれば価格が下がるのも、もう目と鼻の先かもしれませんね。

Jordan Kushins - Gizmodo US[原文

(るな)