「この俺に死角はない」といいたくなる円盤型ボートで釣りに行こう

「この俺に死角はない」といいたくなる円盤型ボートで釣りに行こう 1

これぞ全方位型フィッシング…?

湖面に浮かぶこの物体、こう見えてボート(!?)なんですって。もしバス釣り用ボートのまわりをそぎ落として必要最低限な部分だけを残したら、最終形態はこうなるんでしょうか。Ultraskiff 360は今までの釣り用ボートのデザインから脱却して、360°のどの方角にも釣竿を投げ出せる円盤型プラットフォームを採用したボートです。

見た目のインパクトに気圧されてしまいますが、このボート、かなりの浅瀬でも使えますし従来のボートよりも操縦しやすいそうです。獲物がボートの下から反対側に逃げこんでも釣りを続けられるのも円盤型だからこそ可能なことですよね。コンパクトな外観に似合わず、ライヴウェルにクーラー、釣りに必要なギア類を収納するのに十分なストレージも用意されています。オプションで着脱可能な360°回転のキャスティングシートもつけられますよ。

Ultraskiff 360の基本セットの価格は約1,000ドルから。船体を縦にすれば転がして動かせるので、ちょっとの移動なら楽チンです。

既成概念をぶっ壊す」といわんばかりの形状は釣り以外のレジャーでも活躍しそう。

source: Ultraskiff via The Awesomer

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(たもり)