電子顕微鏡でしか見られないアートの世界

電子顕微鏡でしか見られないアートの世界 1

芸術と科学が出会うとき、そこには新たな美の世界がうまれます。

Wim Noorduinさんのナノスカルプチャがまさにその美の世界にあります。彼は、ここ数年、髪の毛よりも幅が細い小さな小さな、それこそ電子顕微鏡で見なくては見えないサイズの芸術を作っています。

不思議の国に咲く花のようなこのアート、作り方はいたってシンプル。薬品をビーカーにいれてカラフルな結晶をさまざまな形へと育てます。

電子顕微鏡でしか見られないアートの世界 2

電子顕微鏡でしか見られないアートの世界 3

ネタ元のCreators Projectにて、Noorduinさんはこう語っています。「ここ数年、何千というサンプルを育ててきました。結晶が育つのと同時に積み上げながら形作っていきます。経験を重ねるうちに、より美しいフォームがみえてきて、花のようなこのスタイルができてきたんです」

電子顕微鏡でしか見られないアートの世界 4

140624electronmicroscopedsculptures02140624electronmicroscopedsculptures03140624electronmicroscopedsculptures05140624electronmicroscopedsculptures06

source: CNET, Creators Project

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(そうこ)