R2-D2が世界一愛されるロボットな理由

R2-D2が世界一愛されるロボットな理由 1

世界一、いや宇宙一愛されるロボットだ!

かわいくて、賢くて、ちょっぴり皮肉屋で、たくさんのアイテムにその姿が採用され、長い間世界中から愛されているロボットといえば…、R2-D2。ロボット界の重鎮であり永遠のアイドル、とにかく老若男女幅広く支持される彼(?)は、宇宙一愛されているロボットと言っても過言ではありません。では、そこまで愛されるのは何故か? スミソニアン・マガジン掲載の「Almost Human: How R2-D2 Became the Most Beloved Robot in the Galaxy.(ほぼ人間:なぜR2-D2は宇宙で一番愛されるロボットになったのか)」という記事で、ジャーナリストのClive Thompsonさんが、その理由を語っています。

スター・ウォーズの舞台裏では、本物のロボットじゃないとわかりきっている役者たちですら、R2-D2の姿にメロメロになったといいます。なぜ、スレンダーで背が高く言葉も喋れるC-3POではなく、寸胴でちびっこく音しか発せないR2-D2に人は心を奪われたのか…。Thompsonさんは、Uncanny Valley不気味の谷現象)の影響だといいます。この現象は、ロボットがよりリアルになっていけばいくほど、我々人間はそれに魅力を感じますが、それはある一定のラインまでの話だというもの。アンドロイドのように、ほぼ人間のような形になってしまうと、さっきまで感じていた魅力は一転し、逆に不気味だと思うようになるのです。

つまり、R2-D2は人間が魅力を感じる丁度いい案配にある、ということなのです。コミュニケーションはとれるけれど、明らかに人ではない姿をしている、そこがミソとなったようです。

さらに、Thompsonさんは、ルンバ等の家庭ロボットが発展しその姿を変えていく場合、調度いいラインは、映画「ウォーリー」の世界にあると話しています。映画にはたくさんのロボットが出てきますが、全ていわゆるロボットっぽさはそのままのユニークな外見が特徴です。

なるほど。ドラえもんが愛されるのと同じ理由があるようです。

日本で一番愛されているのは、間違いなくドラえもんですけどね。

image: flickr

source: NPR

(そうこ)