アップル、Retina版iMacを開発中? 新OS Xにヒントが見つかる

アップル、Retina版iMacを開発中? 新OS Xにヒントが見つかる 1

Retina化の波がデスクトップにも?

先日のWWDC 2014では新OS「OS X 10.10 Yosemite」が発表されましたが、同日に配布が開始された開発者向けβ版から「Retina版iMac」の存在を匂わす手がかりが発見されました。

情報の出どころは、β版Yosemiteで発見されたiMacのディスプレイ解像度スケーリングに関するファイル。同OSからは以下のような解像度設定が発見されています。

6,400×3,600ドット (3,200×1,800ドット HiDPI)

5,760×3,240ドット (2,880×1,620ドット HiDPI)

4,096×2,304ドット (2,048×1,152ドット HiDPI)

4K解像度を上回るすさまじいスペックですね。27インチのRetina版iMacには6,400×3,600ドットか5,760×3,240ドットのディスプレイ、23インチのRetina版iMacには4,096×2,304ドットディスプレイが搭載されるのかもしれません。

iMacにRetinaディスプレイが導入される際には、MacBook Proのように通常解像度版も併売されるのかなど、気になる点はいろいろあります。WWDC 2014では新ハードウェアの発表がなく、がっかりした方もいるのでは。この魅力的なRetina版iMacが実際に登場することを期待したいですね。

source: MacRumors

(塚本直樹)