パパが即ヒーローに。水風船100個が1分でできる「Bunch O Balloons」

子どもの心をわしづかみ。

水風船ってちょっと懐かしいアイテムですよね。友だちと水風船をぶつけ合う遊びでは、水風船をたくさん用意しておけばしておくほど有利だったものです。水風船だって弾薬量が重要なんです。でもぶつけ合わなくたって、とにかくたくさん作りたくなるのが水風船ですね。

そこでBunch O Balloonsが役に立ちます。これを使うと、1分で100個のペースで水風船が作れちゃうんです。お子さんがいる方は、これで水風船作ってあげると一気に尊敬されそうです。ただし子どもでも簡単に作れることに気づかれるまでの間ですが。

140723_balloons.jpg

Bunch O Balloonsは、37本足のタコの足先に風船がくっついたみたいな形をしてます。タコの頭部分をホースの先にくっつけて水を出せば、37個の風船が同時に、あっという間にふくらんでいきます。十分ふくらんだらちょっとシェイクすると風船がタコから分離して、風船の口はそれぞれゴムで勝手に閉まるので手で結んだりする必要はありません。

Bunch O Balloons作者のJosh Maloneさんは、現在このアイデアへの出資者をKickstarterで募集中です。目標額は1万ドル(約102万円)だったのですが、それは公開から12時間もしないうちに達成してしまい、この記事翻訳時点では2万3,000ドル(約230万円)を超える人気ぶりです。

ちなみに15ドル(約1,500円)の出資でBunch O Balloonsの3個入りパックひとつ、つまり水風船約100個分がもらえます。普通の水風船なら100円程度でかなりの量が買えるので、それと比べれば割高なのは否めません。でも水風船を100個も手作業で作っていたら相当時間がかかるはずですし、うまく商品化されれば価格はもっと下がるかもしれません。

しかも100個もの水風船がすぐにできたらそれだけでも子どもは狂喜乱舞、大人まで童心に帰れそうです。子どものパーティではマストアイテムになるかもしれませんね。

source: Kickstarter - Bunch O Balloons

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(miho)