アポロ11号45周年を記念して、ムーンブーツスニーカーが発売

140718moonbootsneakers.jpg

「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」

今から45年前、アポロ11号は1969年7月16日に打ち上げられ、その4日後の7月20日、ついに人類は初めて月の土を踏みました。その人類の記録を祝し、45周年記念としてゼネラル・エレクトリック(GE)社が、ムーンブーツスニーカーThe Missionsを発売します。

140718moonbootsneakers01.jpg

ムーンブーツスニーカーは、名前から察するとおり、宇宙飛行士が着用したムーンブーツをコンセプトとしてデザインされた靴です。アポロ11号はもちろんのこと、月面歩行を実現させた当時の最先端技術にも敬意を表し、スニーカーは、熱可塑性ゴム、カーボンファイバーを素材として作られ、3Mのスコッチライト反射素材で覆われています。

GE、JackThreads、Android Hommeの3社コラボで、100足限定。価格は169.90ドル(約1万7,000円)です。販売開始は、45年前にアポロ11号が月に降り立ったその時。JackThreadsのウェブサイトにて、米現地時間で7月20日の16時18分開始です。

source: JackThreads

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)