リサイクルペットボトルがフィラメントに。エコな3Dプリンター登場

リサイクルペットボトルがフィラメントに。エコな3Dプリンター登場 1

スタートレックのレプリケーターはどんな食べ物も製品も作れてしまうだけではなく、不要になったモノからも作り出す事ができる、人間が長年恋い焦がれてきたような夢の機械。

そんな夢に一歩近づく3Dプリンターの登場です。Ekocycle Cube 3D Printer は、フィラメントの原料の一部分がリサイクルされたプラスチックボトル

Ekocycle Cube 3D Printerは今年後半にCubifyから1,200ドル(約12万円)で発売予定、フィラメントのカートリッジには、少なくても3つの590mlのリサイクルされたプラスチックのペットボトルが含まれていますが、柔軟性や耐久性を確保するために通常の3Dプリンターのフィラメントも使われています。

3DSystemsのCCOによれば、リサイクルフィラメントは現在、赤、黒、白、ナチュラルの4色しか展開していないそう。安全性が確認できれば他の色も展開可能ですね。

source: 3D Systems via designboom

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(mayumine)