耳の写真を送ってオーダーメイドできる、3Dプリントイヤホン

耳の写真を送ってオーダーメイドできる、3Dプリントイヤホン 1

もうポロッと外れない!

顔や体も左右非対称のように、耳だって軟骨の曲がり方や耳たぶなど同じ形はひとつとありません。多くの人にフィットするように作られていると言われているイヤホンでも、誤差はどうしても生まれてしまうのが現実。

アメリカのスタートアップ企業Normalは、自分の耳の写真を専用のアプリで撮影して送るだけで、誰でもぴったりフィットする、オリジナルイヤホンを購入できるサーヴィスを開始しました。

注文するにはiOSAndroidで無料アプリ経由で両耳を撮影します。次に7色のヴァリエーションから好きな色を選び、住所を入力するだけ。ネットストアもないので直売です。一度注文が受け付けられると、3Dプリンタが各ユーザの耳の形に合わせたABS樹脂のパーツを作り、数週間以内に発送されます。

耳の写真を送ってオーダーメイドできる、3Dプリントイヤホン 2
アプリ画面

耳型を取って作るオーダーメイドイヤホンは、モニタリング用をベースに以前から販売されていました。音は最高ですが、実際に耳の穴を型取りするため手間がかかり、価格も5万円前後からと非常に高価でした。

Normalでは、耳の穴ではなく外側の耳殻の部分のみの形にフィットさせることで、より簡単に制作でき、既存のものと比べて低コストです。 既に予約を開始しており、価格は199ドル(約2万円)。残念ながら現在はまだアメリカのみのサーヴィスです。形はBoseのイヤホンのようですが、音質の方はどうなんでしょう?

日本でもこういうカジュアルなカスタムイヤホンサービスが生まれて欲しいですよね。

source: NORMAL via The Next Web

(徳永智大)