通常の80分の1サイズのドミノを使った「最小で最大」のドミノ倒し

ビッグな記録を出す為に、敢えて「小さく」することも必要なんです…。

通常のドミノ倒しの80分の1の大きさの牌を使った極小ドミノで、世界最長記録が樹立されたようですよ。なんでも1回の仕掛けに、2,000個もの牌が使われているんだとか! 気の遠くなるような繊細な作業が想像されますね…。

今回使われた極小ドミノですが、サイズだけでなくその軽さにも特徴があるんです。通常のサイズのドミノの100分の1の重さということで、作業中にうっかり手で触れてしまう事はもちろん、息を吹きかけてしまう事さえ注意しなければならなかったんだとか…!

ともあれ、こんな小さな牌を一つづつ並べていく作業なんて考えただけでもすごい忍耐力と神経を要求されそうですよね! この仕掛けを作った「Sinners Domino Entertainment」の方々が外科手術や爆弾処理のエキスパートになったら、すごい結果を生み出してくれそうな気もします…。

source: The Awesomer

Eric Limer - Gizmodo US[原文

(daiya)