MSのスマートウォッチはクロスプラットフォーム対応、海外メディアが報道

MSのスマートウォッチはクロスプラットフォーム対応、海外メディアが報道 1
※画像はイメージです。

ガジェットサイトのTom's Hardwareによると、マイクロソフトのスマートウォッチは10月に登場するそうです。

情報ソースによれば、マイクロソフトのスマートウォッチの特徴としてはクロスプラットフォームに対応するようで、心拍数などデータを継続的にデヴァイスと同期させる機能が付いているそうです。ただどのようなソフトウェアが提供されるなどの詳細については触れられていません。

そして、ディスプレイが手首の外側ではなく、内側に向いているとのこと。本体デザインはウォッチ型というよりも薄型でフラットな「スリムバンド型」デザインを採用するそうです。

さらに情報ソースによると、このデヴァイスは11個のセンサーを搭載するそうです。最近スマートウォッチはフィットネスだけでなく、ヘルスケア用途での期待が高まっていますが、すでにグーグルがプラットフォームを提供し始めて、またアップルも独自のiWatchリリースの噂があり、IoT( Internet of Things )時代のスマートウォッチへの注目は高まる一方です。今回の情報から見ると、いよいよマイクロソフトもスマートウォッチの領域に進出して来る日が近づいていますね。

image by ososimpletechnologies.com

source: Tom's Hardware

(塚本直樹)