リスク上等! サッカーのスター選手 VS クローン、歴史的ゲームの勝敗は?

悪の組織が生身のサッカー選手をクローンに置き換えて人間を締め出した世界。一度はサッカーを諦めたヒーローたちが再びピッチに立ち、クローンに勝負を挑んだ結果はいかに…?

人間のクリエイティヴィティ、価値のあるチームワークについて描いた3Dショートフィルムを描いたナイキのショートフィルム「THE LAST GAME」をこのタイミングで改めてふりかえってみましょう。

完璧な判断力を持ち、疲れや失敗、怪我を知らないクローンたちがプロサッカー選手として活躍する時代。微塵のリスクも感じさせない完全無欠な戦いぶりに、あるヒーローは絶望し、あるヒーローは自分のクローンに選手交代させられてしまいます。

次々と心を砕かれて引退する選手たち。しかし、本当にいいのでしょうか…? 不確実だからこそ感動があり、全身で泣いたり喜んだりできたあのスポーツを蘇らせたい。心に闘志を燃やした男が立ち上がり、町の片隅で暮らす元ヒーローたちを半ば強引に迎えにいきます。

「本当の自分たちを思い出すんだ。君たちはリスクを恐れたりしなかった。ゲームのようにプレーを楽しんでいたはずだ。クローンのプレーはただの仕事なんだ」

Risk Everything. (リスク上等)

人生は無難じゃない。だから、生きてるって感覚が全身にみなぎっていく。オリジナル(生身)の選手たちは、そんな思いを私たちに伝えているかのようです。現実の世界では今回のW杯で不本意な怪我をしてしまった選手もいますが、それでも多くの感動を与えてくれました。

寝不足の日々もあと少しになりますが、決勝まで悔いなく応援していきましょう!

Omar Kardoudi - Gizmodo SPLOID[原文

(Rumi)