AP通信社、AIが人間に代わって記事を書く技術を導入

20140630aprobot.jpg

ロボット記者の登場?

AP通信は今まで、利益報告記事を四半期につき記者の手により約300本書いていたのですが、それを自動化することで同じ期間で約4,400本もの記事を書き上げることができる人工知能プログラムを7月から導入します。

AP通信が導入する予定のこのプログラムは、個人投資家向けに数々の証券会社から調査報告書を集積してオンラインで提供する「Zacks Investment Research」に保存された、アメリカ合衆国の企業からの収益報告の重要な数字などの情報を、即座に一般的な新聞雑誌の体裁で自動的に約150字から300字の記事にできるんです。

でもこの技術により、ロボット記者が企業を支配して仕事を奪い取るというディストピアな展開は起こりません。生身の記者が今まで数字をまとめることに費やしていた時間が減ります。その代わり、企業が利益報告を公開したのと同時にその数字がどういう意味を持っているかを伝えられ、今の流行を捉えたり、よりリッチな情報を付け加えることができるようになるそうですよ。言い換えると今までは比較的少ない情報量だった記事を、より早く分かりやすく読者に伝えることができるようになるので、記者も読者にも嬉しい技術なんです。

またロボットを使った報道はAP通信が初めての例ではなく、ニューヨーク・タイムズは結婚報告などの記事を自動化していたり、日本でもアンドロイドの研究で知られる石黒浩さんが監修したアンドロイドが天気予報を読み上げたりと、人間でないプログラムやロボットが情報を伝える時代はもうすでに始まっているんです。

近い将来、新聞やウェブで読んでいるような記事は全部プログラムによって書かれるようになるのかも…。

source: Mashable, THE DEFINITIVE SOURCE

(徳永智大)